毎朝たった5秒!アーユルヴェーダの智慧に基づいた舌掃除の驚くべき効果とは

blog

校長ブログ

毎朝たった5秒!アーユルヴェーダの智慧に基づいた舌掃除の驚くべき効果とは

アーユルヴェーダではディナチャリア(理想的な1日の過ごし方)の中で、舌掃除をすることをおすすめしています。日本でも最近は「舌掃除ブラシ」などが販売されるようになったため、舌掃除について興味がある方も多いのではないでしょうか。今回は、アーユルヴェーダ式「舌掃除」についての効果ややり方についてご紹介します。

舌掃除におすすめのタイミング

アーユルヴェーダのディナチャリアでは、朝に舌苔掃除を勧めています。なぜなら、寝ている間に、舌の老廃物や消化しきれなかった未消化物が舌に溜まるためです。また、唾液の量が減少するため、細菌数が増加します。そのため、起床時には口腔内の細菌数が糞便の10倍以上になるそうです。私は、歯を磨く前に舌の洗浄をすることを習慣にしています。舌苔掃除はたった5秒でできる健康法なので毎日継続して行いましょう。

未消化物については「未消化物とは?アーユルヴェーダから分かる病気の原因と予防策」で詳しく解説しています。病気の予防のためにとても重要な情報ですのでぜひ合わせてご参照ください。

歯ブラシはNG!舌掃除におすすめの道具と正しいやり方

舌掃除におすすめの道具

舌の掃除には、歯ブラシを使用している方もいらっしゃるかもしれませんが、歯ブラシは固い歯をきれいにするための道具ですので、それで舌を磨いてしまうと、舌を傷つけたり、毒素を舌の味蕾に押し戻したりしてしまうので逆効果になりかねません。舌の掃除に最もおすすめしたいのは「タングスクレーパー」と呼ばれる専門の器具です。古典では金・銀・銅製が推奨されていますが、現在ではステンレス製のものもあるようです。手に入れやすく使いやすいものをお使いいただけるとよいかと思います。歯ブラシや舌磨きブラシと比べると、最初の投資はかかりますが、きちんと手入れをすればかなり長く使えます。もし、タングスクレーパーが手に入れられないという場合は、スプーンを使用しましょう。
ちなみに、舌の垢は朝10時頃を境に体内に戻ってしまうそうです。ですからそれまでに舌掃除は済ますようにしてくださいね。

舌磨きのやり方

次に舌磨きのやり方ですが、タングスクレーパー(スプーン)で舌の奥から手前に向けて舌の垢を落とすように軽くこすります。これは必ず1回だけにしてください。それ以上すると、舌の細胞を傷つけることになります。そのあと軽くうがいをすればOKです。

舌掃除によって得られる効果

では、毎日舌掃除をする習慣をつけることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここで詳しくご紹介していきます。

味覚が高まる

舌苔とは白っぽかったり、黄色っぽかったりする舌にたまった垢(老廃物)のこと。舌苔を取り除いた状態で食事をすれば、からだのなかに老廃物が戻ることがありませんし、味をしっかり感じることができます。味覚が高まることによるありがたいポイントは2つ。ひとつは、濃い味、刺激的な味でなくても体と心が満足すること。そしてもうひとつはいろんな味を繊細に感じられるようになることです。アーユルヴェーダの食事法においては「6味をバランス良く取り入れること」を大切にしているのですが、味覚が高まるとそのひとつひとつの味をしっかり感じられるようになります。
6味についてはアーユルヴェーダ総合情報サイト|アーユルケア「アーユルヴェーダの食事法➀6つの味(ラサ)」で詳しくご紹介しています。ぜひご一読ください。

健康状態をチェックできる

毎日の舌の状態をチェックすると健康状態がわかります。舌は、体調を如実に反映している場所です。舌の異常の箇所で内臓の異常がわかるともいわれています。
たとえば、赤色の舌は、のぼせやほてり感があり、口内炎ができやすいことを示しています。白色は、手足の冷え、貧血、下痢傾向を意味し、黄色は、消化器や口腔粘膜に炎症が起こりやすく、口内炎、胃・十二指腸潰瘍の傾向があることが分かります。

はじめはなかなか違いに気がつくことが難しいかもしれませんが、毎朝、舌の様子や舌苔の取れる量をチェックすることで、徐々に変化がわかるようになるはずです。毎日舌で体調管理をし、病気の予防に努めましょう。

腸内環境を整え、排便を促す

舌と腸は遠い位置にありますが、ひとつの管でつながっているため、密接に関係しています。そのため、舌の洗浄は、腸に刺激を与え、排便を促すことが可能です。また、口腔環境を整えることで口腔内フローラが改善し、腸内フローラの健康を維持することができます。お口のケアをしっかり行い、からだの中から美しくなりましょう。

口臭を予防する

舌につく老廃物を取り除かないでいると、細菌が増加し、口臭を引き起こす原因になります。
口臭は、硫化水素が発生することが要因です。これは、細菌が舌苔を分解する際に発生する無機化合物。その元である舌苔をとることで口臭予防になるということです。口腔ケアについては、「うがいで全身デトックス!お口のケアで得られる嬉しい効果とは」でも詳しくご紹介していますので合わせてご参照ください。

スクールの生徒の方々にも、ディナチャリアの講義で舌掃除について学び、タングスクレーパーを使用した舌掃除を実践されたとき、その効果に驚かれる方がが多くいます。毎日継続して、体の内側からキレイになりましょう。

pick up

  • insta
  • facebook
アーユルヴェーダ・プロフェッショナル・スクール
TOP